モンゴル・内蒙古にて精力的に指導・育成活動を行っているソプラノ歌手中里豊子のオフィシャルサイトです お問い合わせ
HOME プロフィール RIMAについて 活動実績 メディア掲載 CD 書籍 ビデオライブラリー トピックス
新着情報
7月23日(木)〜8月3日(月)
「モンゴル国、中国・内蒙古自治区・北京市訪問」
モンゴル国及び中国・内蒙古自治区政府の招聘により、国際交流基金常務理事 中嶋春洋氏、中里豊子理事長、中里豊子門下生、計14名が音楽交流団としてモンゴル国、中国・内蒙古自治区、北京市を訪問。
7月24日(金)
モンゴル国、ウランバートル訪問

司馬遼太郎著「街道を行く〜モンゴル紀行〜」における司馬遼太郎氏の通訳として活躍したツェベックマ氏を訪問。
ツェベックマ氏は、モンゴルの文化、芸術事情、日本への思い等を上品な日本語で語った。同席したオペラ歌手の親子と中里理事長が、日本の歌「荒城の月」を互いに歌いあい、交流の輪が広がった。
【写真】ツェベクマ氏 宅

7月25日(土)
モンゴル国・中央県・ズンモド市小学校、
アルタンボラグ郡小学校に鍵盤ハーモニカを寄贈

 「モンゴルの子供たちに鍵盤ハーモニカを贈ろう」という中里豊子理事長の呼びかけに応え、「国際ソロプチミストウエストひろしま」が西広島の各小学校に働きかけたところ宮園小学校をはじめ7校から130台の鍵盤ハーモニカが寄せられた。
初めて手にする楽器に、子供達は喚声を上げ、嬉しそうな笑顔が印象的な寄贈式となった。

【写真】ズンモト市小学校の子供たち

7月26日(日) 「交流音楽会」(主催:モンゴル文化教育大学)
於 モンゴル文化教育大学小ホール(観客数300名)
日本の歌の表現とメロディー、日本の浴衣等を着て歌う演出が好評を得た。

出演/中里豊子・市野川由美子・高野有紀・市川奈央子・モンゴル文化教育大学学生
プログラム/「七つの子」「さくらさくら」「ふるさと」「待ちぼうけ」「のばら」他

7月27日(月)
「中国内蒙古芸術団・日本国音楽交流団・シンガポール合唱団による文化芸術交流コンサート」(主催:内蒙古自治区政府)


3つの国の音楽が満場の観衆を魅了した。
「わたしはモンゴル人」の作曲者であり、歌手・俳優として中国全土で名高いテンゲル氏と中里豊子理事長の歌う、2つの「わたしはモンゴル人」に、客席では共に歌い、涙する人もあり深い印象を残した。

【写真:左】「わたしはモンゴル人」を歌う中里理事長

【写真:右】熱唱するテンゲル氏

出演/中里豊子・市野川由美子・高野有紀・市川奈央子・内モンゴルの主要な芸術家・シンガポール合唱団
【写真】左から門下生の市野川由美子・高野有紀・市川奈央子   【写真】モンゴル民族舞踏
第一人者の
娜娜 (ナーナー)氏
  【写真】左から中里理事長
娜娜(ナーナー)氏

7月30日(木) 「文化芸術交流音楽会」(主催:ハイラル市政府)
於 ハイラル市草原ホール
地元住民、政府関係者、取材陣、観光客がつめかけ、会場内は立見の観客で溢れ、大盛況の内に音楽会は幕を閉じた。

出演/中里豊子・市野川由美子・高野有紀・市川奈央子・フルンベール盟民族歌舞団
ページTOPへ